彦根城




彦根城の歴史を訪ねる
P1000140.JPG


彦根城本城域、内城域
P1000117.JPG


入り口の登り
P1000134.JPG



天秤櫓
P1000137.JPG



廊下橋
P1000135.JPG



太鼓門
P1000139.JPG



青春18切符
P1000146.JPG





「彦根城」
所在地: 滋賀県彦根市金亀町

城種別: 平山城

築城年: 1603年(慶長8)

築城者: 井伊直勝

別名: 金亀城

天守建造年: 1606年(慶長11)

天守建造者: 井伊直孝

天守閣構造: 3層3階、複合式

文化財指定: 国宝

他の遺構: 櫓4基、太鼓門、馬屋、石垣、土塁、堀



現存天守の完成は1603(慶長8)年、井伊直孝の時ですが、旧大津城天守閣の資材を

使って再築されたものとされています。

幕府の全面的支援を得た天下普請となり、伊賀・伊勢・尾張・美濃・飛騨・

若狭・越前の7ヶ国12大名に助役を命じて完成しました。

3層3階の天守は、付櫓を持つ複合式で、華灯窓や武者窓、唐破風、千鳥破風

などに飾りの付いた美しい姿をしています。


天守閣以外に櫓4基、太鼓門、馬屋、石垣、土塁、堀が現存し、往時の城郭の

様子を今にとどめています。


城の形式は連郭式平山城。また、現存例の少ない倭城築城の技法である「登り石垣」

が良好な形で保存されている。なお、城の北側には玄宮園・楽々園という大名庭園が

配されており、これらは国指定の名勝である。


日本の「城」巡りTOP





posted by oojijisun at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。